Logo

  1. ホーム
  2. 活動団体
  3. くらしと未来を考える会
活動団体 organization

くらしと未来を考える会くらしとみらいをかんがえるかい

府中市民への啓発

登録:2020/03/04 最終更新:2021/03/25
ステータス:本登録
  • Line 80

基本情報

法人種別
任意団体
団体名
くらしと未来を考える会(くらしとみらいをかんがえるかい)
代表者名
佐藤 真理子(さとう まりこ)
所在地
〒183-0051 東京都 府中市 栄町1-19-2
電話番号
042-368-7170
FAX
042-368-7170
 「基本情報」の詳細を表示する

団体の活動情報

団体の目的
消費生活を通して、農業・食の安全・食育・エネルギー等の課題を解決することを目指して活動をしている。
 「団体の活動情報」の詳細を表示する

活動実績

2018年

◆8月3日~5日 あきる野市協同村
  福島の子どもたちを招いて、保養活動(福島の子ども17人)
  放射能測定地の高い福島に住む子どもたちを招いて、一時的でも福島を離れて被ばく量をへらし、
  外で思いっきり遊ぶことができるように。

◆9月再生可能エネルギーの学習会(市民対象)

◆11月8日府中市立給食センター見学(市民対象)
  給食センター施設の見学と、給食の試食
  府中市の給食の実情を市民に知らせる

◆11月府中市民協働まつりに参加

◆31年1月28日府中JAとの懇談会
  府中産の野菜を給食で使用するための話し合い

2019年
団体が開催・運営に携わったイベントや講座等の実績

小平市学校給食見学・自然エネルギー学習会、JAとの懇談

2020年04月

コロナのため、活動はほぼできませんでした。3か月に1度くらい、会議開きました。

2022年
団体が開催・運営に携わったイベントや講座等の実績

1.具体的な実施事業・イベントを教えてください

①学校給食の向上を目指して、JAマインズと協力して活動をしています。
2020年、農水省の「地産地消コーディネーター派遣制度」を、JAに紹介し、JAは2021年、その制度を活用して、特に地場野菜の使用拡大に取り組んでいます。
②2022年1月、NPO「なかよし学園プロジェクト」の呼びかけに応えて、「アベノマスクをアフリカへ」の活動に参加。府中で118枚を集め、コンゴとルワンダに送りました。
③「NPOまちぽっと」と共同して、活動しました。「まちぽっと」とは、市民による豊かな地域社会づくりを目指して活動しているNPOです。
その活動は・3つの基金、助成事業・調査研究事業・出版事業と多岐にわたります。

2.実施事業は、どのような社会貢献・地域貢献活動になりましたか

当会は、4つの団体が集まって1つの会を形成しています。それぞれの団体が、「くらしと未来を考える会」の会則に沿って、農業・食の安全・食育・環境の各部門で活動を展開し、成果もあげてきました。ただ今年は昨年同様コロナ禍にあり、集まっての会議は極力避けてきました。連絡や報告はメールを通じて行ってきました。そのため、「くらしと未来を考える会」としての活動の共有が今1つできませんでした。

年度目標

2022年度

・昨年同様、農業・食の安全・食育・環境・エネルギーをテーマに多方面にわたって活動していきます。
・コロナの状況を見ながら、定例会議を行っていく。

活動団体を探す organization
「プラッツ(ドイツ語で広場の意味)」は、
様々な団体、市民の皆さんが行きかい出会うところ。
皆さんの「やってみたい」や、「何かしてみたい」
「自分の力を役立てたい」を探すお手伝いをします。
活動・イベント情報 マッチング ボランティア募集 活動団体検索 地図で検索