Logo

  1. ホーム
  2. 活動団体
  3. Mina Watoto
活動団体 organization

Mina Watotoみなわとと

子ども・親子を対象に表現ワークショップを行っています。子ども自身の『好き』をみつけるワークショップ。たくさんの『遊び』を通して、自由に想像し、自分の中に生まれたものを、好きな方法で表現。2020年度から自然の中での表現ワークショップも開催しています。また、子どもと親子のための舞台公演を行っています。

登録:2020/03/04 最終更新:2021/03/31
ステータス:本登録
  • Line 80

基本情報

法人種別
任意団体
団体名
Mina Watoto(みなわとと)
団体の概要
日本を始め、世界中の子どもたちに笑いと生きるエネルギーを届けるため作ったカンパニー。子どもたちの想像力・創造力をかき立て、頭ではなく心と身体で感じる舞台創り、また子どもたちが『自分の好き』を発見するワークショップも継続して行っています。
代表者名
中澤 聖子(なかざわ せいこ)
お問い合わせ用
メールアドレス
ホームページ・URL
団体ホーム ブログ 代表者
 「基本情報」の詳細を表示する

団体の活動情報

団体の目的
子どもは遊ぶことが大好き。仲間と身体を使って、触れ合ってたくさん遊び、表現をしていくことで、他者との関わり合いを楽しみながら学んでゆきます。また、仲間と創作を重ねながら、わかち合い、認め合うことで、自己肯定感と自分への自信を育んでほしい。大人が管理するのではなく、子どもが主体的に存在できる居場所作りをしています。
現在特に力を入れていること
子どもが『子どもの世界』を過ごせる居場所づくり。子どもが主体的に遊べるワークショップ。また、子どもが自分の目で、自分の心で、自分の頭で感じ、考えられるような作品づくり。
今後の活動の方向性・ビジョン
ワークショップと公演を軸に、活動を小学校に広げてゆきたい。選ばれた子どもだけでなく、すべての子どもたちに、大人に管理された世界でなく、自分たちの『子どもの世界』を遊びのワークショップを通して体験してほしい。また、小学校で舞台公演を行い、感じる力・考える力を育んでほしい。そして、何より作品を観て笑い、明日を生きるエネルギーにしてほしい。
 「団体の活動情報」の詳細を表示する

活動実績

2018年

・2018年7月~2019年1月に府中市内の施設(プラッツ、文化センター)で小学生を対象に全10回の子ども表現ワークショップを行った。同じメンバーで過ごすことで、他者との関わりを楽しみながら、創作することができた。
・子どもが「楽しい」と感じ、「自分が何を面白いと思うのか」ということを大切に、前半は指導者側から子どもの想像力、創造力を刺激し、発揮できるようプログラムで投げかけ、後半は、自分の創りたいものをチームで組んで創るという流れで行った。子どもがやりたいことを指導者は、サポートするという形をとったため、子どもが主体的に動き、素敵な作品がどんどん生まれた。指導者が1人1人にじっくり関われたこと、また仲間同志でディスカッションを重ねたこともよかった。

・2019年3月23日、24日に府中市アートスペースmerdreにて、Mina Watoto 第1回公演「Own Eyes」の公演を行った。総勢90名の大人55名の子どもが観劇。子どもの生の反応とともに、舞台が進んでゆくという形をとったため、子どもたちが自由な中、笑ったり、怒ったり、意見を言えて、共に創りあげる体験ができよかった。たくさんの感情を子どもたちが表現していた。

2019年

・2019年7月~2020年1月に府中市内の施設(文化センター)で小学生を対象に全10回の子ども表現ワークショップを行った。同じメンバーで過ごすことで、次に会うことを楽しみに、仲間と楽しみながら、創作することができた。
・『遊ぶ』ということ、そして子どもの主体性を大切に、前半は指導者側から子どもの想像力、創造力を刺激し、発揮できるようプログラムで投げかけ、後半は、自分の創りたいものをチームで組んで創るという流れで行った。子どもがやりたいことを指導者は、サポートするという形をとったため、子どもが主体的に動き、素敵な作品がどんどん生まれた。また、昨年から2年連続の参加者もいたため、「こうしたい」「こうしたら面白い」ということを、どんどん試し、ワークショップ全体がより子ども主体で生き生きとしていた。引き続き、作品づくりをもっとしたい、参加者が多かった。

・2019年3月23日、24日に府中市アートスペースmerdreにて、公演を行ったMina Watoto 第1回公演「Own Eyes」を1年かけて、作品を深め、発展させていった。2020年度は、アシテジ世界大会2020 国際子どもと舞台芸術・未来フェスティバルにて公演予定。また、地元府中でも公演を予定している。

2020年
団体が開催・運営に携わったイベントや講座等の実績

2020年10月〜2021年3月:小学生を対象とした『子ども表現ワークショップ』を野外(野川公園)で2日間を3回開催。各回15人。初めて野外でワークショップを行ったが、子どもたちの身体と心が開かれていくのが早く、自然の中でその瞬間を楽しんでいた。また自然の中には創作のヒントや自然の小道具がたくさんあり、時間は短いながらも、子ども自身の創作がますます豊かになっていた。
2021年2月:舞台「Own Eyes」をザムザ阿佐谷にて自主公演。本来、府中市で公演をするはずだったが、コロナ禍で当初より大きな会場で行った。宣伝をプラッツを通してしてもらったおかげで、場所は離れていたが、府中近辺の方も観にきてくれた。多くの子どもたち・子どもだった大人とともに過ごし、笑い、泣き、怖がり、と感じる時間をたっぷり共有することができた。
2021年3月:コロナで延期になっていたアシテジ世界大会2020 国際子どもと舞台芸術・未来フェスティバルにて舞台「Own Eyes」を長野県下諏訪総合文化センターで公演。新たな土地での公演で初めて観にきてくれる観客が数多くいた。作品も育ってきている。

年度目標

2021年度

このコロナ禍だからこそ、子どもたちが心も身体も開放して、「楽しい!」、そして心を動かす時間の機会をたくさん作りたいと考えている。
ワークショップは2020年度野外で開催して非常によかったため、2021年度も引き続き、野外ワークショップを開く予定。また、他の団体とコラボレーションをし、子どもが感じ、創り出す時間をさらに豊かなものにしたい。
舞台作品は、「Own Eyes」の野外バージョンの創作と新作の準備に入り、子どもたちと様々な形で出会う準備をしていく。また、小学校でワークショップ・公演ができるように投げかけを始めていく。

イベント情報 event

新着イベント

小学生のための表現ワークショップ『遊んで発見!自由に想像、創っちゃおう!【創作編】』 2021/09/12 () 09:30 〜
2021/10/17 () 12:00
野川公園・府中市施設(文化センター) Mina Watoto 子供向けイベント 申込期限:2021/09/03 ()
 もっと見る

団体活動マップ

団体の拠点やイベントを開催した場所をマップ表示しています。
活動団体を探す organization
「プラッツ(ドイツ語で広場の意味)」は、
様々な団体、市民の皆さんが行きかい出会うところ。
皆さんの「やってみたい」や、「何かしてみたい」
「自分の力を役立てたい」を探すお手伝いをします。
活動・イベント情報 マッチング ボランティア募集 活動団体検索 地図で検索