Logo

  1. ホーム
  2. 活動団体
  3. 地域を明るくするリハビリテーション専門職の会
活動団体 organization

地域を明るくするリハビリテーション専門職の会ちいきをあかるくするりはびりてーしょんせんもんしょくのかい

介護・福祉業務に従事している職員に、リハビリテーションの視点を活かした「理学療法士が伝える移乗の秘訣講座」を実施しております。

また地域住民や、市民活動団体等を対象とした介護予防講座の実施しております。
内容は腰痛予防、膝痛予防、肩こり予防、認知症予防、ロコモティブシンドローム予防など多岐に渡ります。

登録:2020/03/04 最終更新:2022/03/19
ステータス:本登録
  • Line 80

基本情報

法人種別
任意団体
団体名
地域を明るくするリハビリテーション専門職の会(ちいきをあかるくするりはびりてーしょんせんもんしょくのかい)
団体の概要
理学療法士と作業療法士が立ち上げた団体です。普段は病院やクリニック、介護施設に勤務しています。リハビリテーションという言葉知っていても、実際に相談したり身体を見てもらったことがない方にも、気軽に相談をしていただきたいと思って活動しています。
代表者名
小野 雅之(おの まさゆき)
お問い合わせ用
メールアドレス
電話番号
070-6466-9745
ホームページ・URL
団体ホーム 関連サイト
 「基本情報」の詳細を表示する

団体の活動情報

団体の目的
リハビリテーションを通じて地域を明るくする。
団体の活動・業務
 2018年、2019年度は実際にプラッツにて講座を地域住民向けに開催し、腰痛予防、膝痛予防、認知症予防などの介護予防にまつわる内容を行いました。
講座を開催したことにより、実際の介護老人保健施設の方から施設職員の腰痛予防に対するコンサルティングの依頼もあり、2019年度は月に一度の業務時間内に講師を派遣しておりました。
 2020年度からは高齢者施設や障がい者施設からの要望に応じて、講習会や技術指導を中心にした講師派遣を中心に行っております。
地域住民を支えている専門家に対して、リハビリテーションの概念をお伝えすることで、私たちが直接お会い出来る方々のみではなく、より多くの方の健康を支えていく活動を実践していきます。
現在特に力を入れていること
リハビリテーション専門職を講師派遣することで、市民活動団体、地域住民、地域で活躍なさっている事業所の職員などの方々の身体の健康、身体に負担のない動き方をお伝えすることで、末永く活動を実践していけるようなお手伝いをしていきます。
今後の活動の方向性・ビジョン
リハビリテーション専門職に、気軽に身体に関する相談できる環境を構築していきたいと考えております。そのためには多くの団体や施設の方々にお会いすることで、当会から講師を呼んでいただける繋がりを創っていきたいと考えております。
 「団体の活動情報」の詳細を表示する

活動実績

2018年

市民や専門職に向けて講話を実施した
30年4月20日 ロコモってなぁに? 8名
30年7月20日 腰痛予防のイロハ 11名
30年10月5日 腰痛予防とウォーキングのイロハ 18名
30年11月24日、25日 第4回府中市民協働まつり参加
31年1月25日 認知症予防体操 コグニサイズを体験しよう 9名
延べ参加人数 見学者を含めると50名以上

府中市においては人脈も、活動の経験も人でもないままスタートした活動であったが、回を重ねるごとに市民やボランティア、団体との連携や協働が行えるようになってきている。

2019年05月
助成金・補助金・物品等、他組織から受けた支援実績

平成31年度市民活動応援助成金「エール」に応募し、採択することが出来ました。
その結果2018年度同様、年に4回の講座を実施出来、お茶会をすることでリハビリテーション専門職と参加者がお互いに思っていることを共有することが可能となりました。
また協働まつりでご縁をいただいた、他団体を講師に招き講座を実施することが出来たのも収穫の一つでした。

2020年08月
助成金・補助金・物品等、他組織から受けた支援実績

2020年度は、新型コロナウイルス感染症により生じた地域課題を市民協働で解決するために、「課題」と「解決策」をシェア(公開)することで、市民活動団体や企業、行政等の協働による地域課題の解決を促進する【Share FUCHU Project】において奨励金を8月と12月の活動において獲得することが出来ました。https://www.city.fuchu.tokyo.jp/smph/kurashi/shiminkyoudou/kyodotorikumi/sharefuchu/ShareFUCHU.html

併せて当会は2018年度から府中市より市民活動応援助成金エール、日本地域リハビリテーション連携科学学会から地域における連携推進活動助成事業を毎年採択していただけていることから、比較的公益性の高い活動を行えていると考えております。

2021年
団体が開催・運営に携わったイベントや講座等の実績

1.具体的な実施事業・イベントを教えてください
 ・川崎市の特別養護老人ホーム、相模原市の障害者支援施設にで研修会、
  臨床指導を定期的に実施
 ・毎月オンラインもしくはハイブリッド開催にて、活動報告会を実施した
 ・日総研 地域連携 入退院と在宅支援2021年9・10月号へ寄稿
  https://www.nissoken.com/jyohoshi/tr/contents/82.html

2.実施事業は、どのような社会貢献・地域貢献活動になりましたか
 支援を必要としている市民の支援者である介護・福祉専門職の支援を行うことは、
 社会保障の中では認められていない。そのため日々の業務に疑問を抱えたり、負担
 を強いられていながら支援を継続している。制度にこだわらず支援者支援を実施し
 ていることは、社会貢献や地域貢献に寄与していると考えている。
 研修参加者は延べ100名を超えている




入会・参加情報

対象者
リハビリテーション関連職種
入会金の有無
なし
会費の有無
なし
入会金・会費
詳細
入会方法

年度目標

2022年度

2021年に継続して、府中市内の特別養護老人ホームや障害者支援施設の支援者支援につながる講習会の案内を継続していく。
引き続き川崎市の特別養護老人ホーム、相模原市の障害者支援施設の支援は継続し、村の予算に組み込まれた神津島村の支援を実施していきます。
また支援者支援を実施できるリハビリテーション専門職を育成するために、毎月の活動報告会は継続していきます。

イベント情報 event
 過去のイベント

団体活動マップ

団体の拠点やイベントを開催した場所をマップ表示しています。
活動団体を探す organization
「プラッツ(ドイツ語で広場の意味)」は、
様々な団体、市民の皆さんが行きかい出会うところ。
皆さんの「やってみたい」や、「何かしてみたい」
「自分の力を役立てたい」を探すお手伝いをします。
活動・イベント情報 マッチング ボランティア募集 活動団体検索 地図で検索