Logo

  1. ホーム
  2. 活動団体
  3. 多摩地区グリーンツーリズム協議会
活動団体 organization

多摩地区グリーンツーリズム協議会たまちくぐりーんつーりずむきょうぎかい

*府中・調布市内の農業生産者と連携した農業体験型ツーリズムの開発
*府中産の野菜を使ったレシピ開発と料理教室イベント開催
*青山学院大学などフードロス問題に取り組む学生との連携
*多摩地区での新たなサービスを展開する為の企業、個人とのマッチング会

登録:2021/04/03 最終更新:2022/03/29
ステータス:本登録
  • Line 80

基本情報

法人種別
任意団体
団体名
多摩地区グリーンツーリズム協議会(たまちくぐりーんつーりずむきょうぎかい)
団体の概要
府中市、調布市在住者を中心に、多摩地区の資源を活用した多摩地区住民の為の新たなサービス産業の創出を目指す有志が集まって作られた市民活動団体
代表者名
市瀬達幸(いちのせたつゆき)
お問い合わせ用
メールアドレス
電話番号
080-4163-3930
SNS
 「基本情報」の詳細を表示する

役員・理事情報

会長兼事務局
市瀬達幸
アドバイザー
石山省吾
渉外
小野寺大輔
副会長
上妻拓矢
広報
田中英理奈

団体の活動情報

団体の目的
府中・調布を中心とした多摩地区の農業・産業・ひとの資源の掘り起しと、それらを活用した多摩地区住民の為のイベント運営、ミニマムツーリズムの開発を通じたニューノーマル時代のイノベーション創出
団体の活動・業務
*府中・調布市内の農業生産者と連携した農業体験型ツーリズムの開発
*府中産の野菜を使ったレシピ開発と料理教室イベント開催
*青山学院大学など大学との連携による食品ロスを削減し新たな資源として再生する為の調査・研究
*多摩地区での新たなサービスを展開する為の企業、個人とのマッチング会
現在特に力を入れていること
府中産野菜の収穫体験(廃棄野菜の軽減)の造成、余剰食材活用レシピ開発、新商品開発
今後の活動の方向性・ビジョン
大学との共同研究、地元企業との協業による市民活動運動からイノベーション創出への実装化
 「団体の活動情報」の詳細を表示する

活動実績

2020年12月
団体が開催・運営に携わったイベントや講座等の実績

多摩地区の資源とイノベーションを考えるシンポジウム

2021年
行政、企業、他団体等との協働の実績

1.具体的な実施事業・イベントを教えてください
*青山学院大学経営学部玉木ゼミの学生と共同で、府中産余剰野菜を利用したスイーツの開発、野菜の廃棄部位を利用した野菜染めと、その研究結果を踏まえたSDGsワークショップの開催

日程:12月10日(土)
場所:郷土の森観光物産館
参加者:のべ100名
※用意した350個のスイーツは完売

2.実施事業は、どのような社会貢献・地域貢献活動になりましたか
フードロス削減という社会課題と、地域資源の活用につながる新しいソーシャルビジネス(農家の余剰野菜を生かした地域の方に喜んでいただけるスイーツの開発)の創生




年度目標

2022年度

*2021年度に行った余剰野菜を活用した商品開発の継続
*府中市観光協会との協働による、SDGs関連の教育コンテンツ開発と、観光業への活用
*府中の農・食関連における他団体との協働

イベント情報 event
 過去のイベント
活動団体を探す organization
「プラッツ(ドイツ語で広場の意味)」は、
様々な団体、市民の皆さんが行きかい出会うところ。
皆さんの「やってみたい」や、「何かしてみたい」
「自分の力を役立てたい」を探すお手伝いをします。
活動・イベント情報 マッチング ボランティア募集 活動団体検索 地図で検索