Logo

  1. ホーム
  2. 活動団体
  3. 地域を明るくする市民活動実践者教室
  4. 第8回地域を明るくする市民活動実践者教室
活動・イベント情報 information

第8回地域を明るくする市民活動実践者教室

イベント詳細

2017年に市民活動団体を設立した際に思ったこと。
それは「誰か、ボクらに実践例を教えてくれるヒトいないかな…」でした。
東京都府中市では市民活動センタープラッツが、市民活動団体の立ち上げサポートもしてくれるし、助成金の申請の手順も、団体運営に関してもとても丁寧に教えてくれます。

しかし当然のことながらそこで教えてもらえるのは、正しいことであり、一般的なこと。
でもボクらが知りたかったのは、市民活動実践者が実際に体験したから分かったこと、こりゃ失敗したなぁ~という実践例、私なりの必勝法はこれでしたというような、生々しい体験談でした。
だから地域を明るくする市民活動実践者教室では、市民活動団体運営のイロハを、助成金採択の秘訣を、これから先の未来予想図を、市民活動実践者に忖度なしに語ってもらおうと思っています。
そして一人でも二人でも市民活動実践者が、増えたらよいと思っています。

市民活動実践者を増やして、市民活動を通じて地域を明るくしていきたいと本気で考えています。
第8回の登壇者はCode for Fuchuのコバさんと、地域を明るくするリハビリテーション専門職の会代表のおのちゃん。
Code for Fuchuはシビックテック活動を実践している団体で、シビックテック活動とは市民xテクノロジーで住み良いまちづくりをする活動のことを指しています。
そんなCode for Fuchuの活動のひとつが小学生向けのプログラミング体験会で、活動を通じて地域の子供たちの未来づくりをしています。
府中市の助成金を得たことで活動の幅が広がり、今では府中市から飛び出し伊豆諸島の伊豆大島に行って活動しているそうです。
どうやって活動を大きくしていったのか、その経過を生々しい部分も含めてお話ししてもらいます。

地域を明るくするリハビリテーション専門職の会は、「リハビリテーションを通じて地域を明るくする」をミッションに掲げて、介護予防講座や介護・福祉専門職に対する移乗介助研修会を助成金を採択しながら実践しております。
普段は病院や施設の中にいて、なかなか出会えないリハビリテーション専門職が、地域に飛び出して市民活動を実践しているのはなぜか。
ぜひ市民活動実践者の口からしか語れない、リアル体験談をお楽しみください。

※当日オンタイムでご参加できない方向けに、アーカイブ動画をYouTubeで限定公開しますので、自由な時間に参加することが可能です。
このイベントは、東京都府中市の令和4年度市民活動応援助成金「エール」採択事業 市民活動実践者に学ぶ、地域を明るくする市民活動実践者教室の第8回として開催します。

登録:2022/11/20  最終更新:2022/11/20

ライブ情報 Zoom

この活動・イベントは、Zoomを利用して行います。参加方法等は下記情報をご確認下さい。

開催日

2022/11/28 () 20:00 〜 21:30

終了しました
お問い合わせ
電話番号
07064669745
お問い合わせ
メールアドレス
料金
有料

peatixにてお支払いください。

主催者
地域を明るくする市民活動実践者教室
活動分野
社会教育 まちづくり

申し込み方法

peatixからお申し込みください。  申し込みページへ

主催する団体の情報

地域を明るくする市民活動実践者教室 主な活動拠点府中市 活動分野 保健・医療 高齢者 障がい者 介護 社会教育 まちづくり
「プラッツ(ドイツ語で広場の意味)」は、
様々な団体、市民の皆さんが行きかい出会うところ。
皆さんの「やってみたい」や、「何かしてみたい」
「自分の力を役立てたい」を探すお手伝いをします。
活動・イベント情報 マッチング ボランティア募集 活動団体検索 地図で検索