Logo

  1. ホーム
  2. 活動団体
  3. 府中がんケアを考える会
活動団体 organization

府中がんケアを考える会ふちゅうがんけあをかんがえるかい

年2回の講演会、10回の患者会、会報の発行、ホスピス、緩和ケア病棟の見学、ホスピス資料の作成

登録:2020/03/04 最終更新:2022/10/26
ステータス:本登録

基本情報

法人種別
任意団体
団体名
府中がんケアを考える会(ふちゅうがんけあをかんがえるかい)
代表者名
市原 美幸(いちはら みゆき)
お問い合わせ用
メールアドレス
電話番号
090-7729-4429
武智宛
FAX
042-352-7304
武智宛
ホームページ・URL
団体ホーム
 「基本情報」の詳細を表示する

団体の活動情報

団体の目的
がん知識の普及、がん患者の相談・アドバイス、ホスピス、緩和ケアについての情報収集
現在特に力を入れていること
オンラインでの参加を進めています。体調により外出できない方も患者会等に参加できるようにしています。
Zoom使用。
 「団体の活動情報」の詳細を表示する

活動実績

2018年

・患者会、月1回、患者及び家族
・講演会、年2回、主に府中市民を対象
・機関誌を年4回発行

2019年
団体が開催・運営に携わったイベントや講座等の実績

1)1月にがん患者の就労時における諸問題につき、特定社会保険労務士を招き講演会を行う。がん罹患時から、治療期、職場復帰期の各レベルにおける会社との関係、労働法上の問題につき理解を深める。

2)5月にがん患者3名によるパネルディスカッション。各自の経験からがんに向き合い、生活、仕事をすることを学ぶ。

3)12月に医師、患者を招き緩和ケアについて学習。

4)10回の患者会を開催。千差万別な患者の抱えている問題に応え、治療に向けてのささやかな力になれた。

5) 4回の会報を発行。会員相互の知識の共有を果たせた。

2020年
団体が開催・運営に携わったイベントや講座等の実績

患者会は1月と9月のみ開催、講演会は5月中止、12月は会場に25名、リモートで5名の参加。12月講演会は「人生会議(ACP)」について調布東三病院の先生にお話しをお願いした。初めてのリモートであったが来られない方も参加でき、コロナにかかわらず今後の参加形態として発展させたい。
会報の発行(4回)、協働まつりへの参加

2021年
団体が開催・運営に携わったイベントや講座等の実績

1.具体的な実施事業・イベントを教えてください
5回のがん患者会の開催、6月、11月2回の講演会を開催することができた。
患者会はリモートも含め5~6名の参加、講演会は同じく30~40名の参加。
会の機関誌は4回発行。

2.実施事業は、どのような社会貢献・地域貢献活動になりましたか
患者会には「ほかに話すところがなかった、ようやく仲間と会えた」など患者にとってよりどころの一つになりつつある。
講演会は新しい知識の普及になっている。

入会・参加情報

対象者
特になし
入会金の有無
あり
会費の有無
あり
入会金・会費
詳細
入会金 500円、年会費 2,000円
入会方法
電話、メール

年度目標

2022年度

リモート参加を強化したい。有料での契約になると費用がかかるので検討中。
存在を知ってもらうための活動も強化したい。

イベント情報 event
 過去のイベント

団体活動マップ

団体の拠点やイベントを開催した場所をマップ表示しています。
活動団体を探す organization
「プラッツ(ドイツ語で広場の意味)」は、
様々な団体、市民の皆さんが行きかい出会うところ。
皆さんの「やってみたい」や、「何かしてみたい」
「自分の力を役立てたい」を探すお手伝いをします。
活動・イベント情報 マッチング ボランティア募集 活動団体検索 地図で検索