Logo

  1. ホーム
  2. 活動団体
  3. 府中市愛刀会
活動団体 organization

府中市愛刀会ふちゅうしあいとうかい

会員には月1回、年12回の講師持参刀による入札観点(年60本以上)を行っている。
府中市民その他愛好家のため郷土の森美術館にて(50本)の展示、説明、ギャラリートーク等を行い、日本刀文化を広めるため開催している(1週間)。

登録:2020/03/04 最終更新:2021/03/10
ステータス:本登録
  • Line 80

基本情報

法人種別
任意団体
団体名
府中市愛刀会(ふちゅうしあいとうかい)
代表者名
田中 滋(たなか しげる)
お問い合わせ用
メールアドレス
 「基本情報」の詳細を表示する

団体の活動情報

団体の目的
日本刀文化の研修、時代による変化の修得、日本刀の次世代への継承。
団体の活動・業務
毎月刀剣会開催 
年1回刀剣展開催 
年1回以上刀剣観賞旅行
 「団体の活動情報」の詳細を表示する

活動実績

2018年

府中市芸文協主催の刀剣展(9/8~13)開催による刀剣文化の開示による理解が深まったと感じる。
愛刀会主催の「刀剣を見学する会」による会員の刀に対する鑑定能力の向上

10/16~17京都国立博物館見学

2019年
団体が開催・運営に携わったイベントや講座等の実績

毎月1回(不定期)プラッツ6F和室に於いて講師持参の刀剣5本(年60本)の入札鑑定。講師の各刀の説明を受ける、時代背景、地域の大名の動向、上下関係、作刀家(刀匠)の意とするところ等を説明。

年1回の研修旅行
12月5日 久能山東照宮にて東照宮所有の宝刀振を直に手にとり見学・研修。
府中市及び、府中芸術文化連主催の府中市愛刀会主管により、郷土の森美術館にて9月18日に搬入展示、9月19日より、9月23日まで刀剣展行い、総入場者約700名以上の来場者があり、盛況でギャラリートークも好評であった。

2020年

愛刀会会員参加15名が大阪歴史博物館にて埋忠展を観賞。その後、桑名市立博物館、熱田神宮にて刀剣鑑賞、刀剣の歴史を学ぶ。

入会・参加情報

対象者
入会金の有無
なし
会費の有無
あり
入会金・会費
詳細
月会費3千円 不参加月1千円負担
入会方法
メールにて入会受付
ftoukenkai@yahoo.co.jp

年度目標

2021年度

刀剣鑑賞勉強会を毎月プラッツ6Fにて開催。
参加希望者は随時受け入れている。
年に1~2度、刀剣鑑賞旅行に出かける。ほぼ20年間、毎年催行。

団体活動マップ

団体の拠点やイベントを開催した場所をマップ表示しています。
活動団体を探す organization
「プラッツ(ドイツ語で広場の意味)」は、
様々な団体、市民の皆さんが行きかい出会うところ。
皆さんの「やってみたい」や、「何かしてみたい」
「自分の力を役立てたい」を探すお手伝いをします。
活動・イベント情報 マッチング ボランティア募集 活動団体検索 地図で検索