Logo

  1. ホーム
  2. 活動団体
  3. リベラルアーツの会
  4. 第34回講座 「道徳教育、要る?要らない?」
活動・イベント情報 information

第34回講座 「道徳教育、要る?要らない?」

イベント詳細

小学校では2018年、中学校では2019年から道徳が教科(特別の教科)となりました。世の中で起こるさまざまな事件を見聞きすると、道徳心が大きく欠落していると感じることがあります。道徳教育に力を入れるべきだと考えている文科省の施策も、肯定的に受け止めるべきところもあると思います。一方、道徳教育に関しては、「価値観は多様なのだから、学校で一律の授業をすることは価値観の押しつけになりうる」、「国家や国体の維持に有用な道徳観を形成しようとしている」、「体験の中で道徳は獲得されていくから、授業を通して言葉で教えても意味がない」、「学校や教員の価値観を必ずしも信じられない」など、さまざまな疑問や反論もあるように思います。そもそも、道徳教育の必要性を主張すること自体に何となく忌避感を覚えることもあるのかもしれません。
はたして、道徳は教える必要があるのでしょうか。あるいは教えることにはむしろ弊害があるのでしょうか。教える必要があるとして、学校で教えるのが適切なのでしょうか。実際のところ、学校の道徳の授業は役に立っているのでしょうか。わたしたちの経験を振り返りつつ、いろいろな論点からそれら一連考えていきたいと思います。

登録:2024/07/06  最終更新:2024/07/06
開催日

2024/07/20 () 14:30 〜 16:00

途中入退室は自由。

お問い合わせ
メールアドレス
申し込み期限

2024/07/20 ()

定員
50名
料金
有料

高校生 500円
一般  1,000円

主催者
リベラルアーツの会
講師・出演者
吉岡昌紀(よしおかまさき)
1957年生まれ。幼稚園入園前から府中市内で育つ。東京大学法学部、教育学部卒、同大学大学院教育学研究科博士課程修了。清泉女子大学文学部教授。教職課程の科目を中心とした講義を担当。著書に『教職のための道徳教育』(八千代出版)等。若き日の奇著に「超辞苑」(新曜社刊、本田成親との共訳書)がある。
添付文書
【完成】第34回講座チラシ.pdf
活動分野
社会教育 学芸・スポーツ 人権・平和 子どもの健全育成

申し込み方法

QRコード、電話

主催する団体の情報

リベラルアーツの会 活動分野 社会教育 学芸・スポーツ 人権・平和
「プラッツ(ドイツ語で広場の意味)」は、
様々な団体、市民の皆さんが行きかい出会うところ。
皆さんの「やってみたい」や、「何かしてみたい」
「自分の力を役立てたい」を探すお手伝いをします。
活動・イベント情報 マッチング ボランティア募集 活動団体検索 地図で検索