Logo

  1. ホーム
  2. 活動団体
  3. 子どもと教科書を考える府中の会
活動団体 organization

子どもと教科書を考える府中の会こどもときょうかしょをかんがえるふちゅうのかい

府中市民を対象に、子どもをとりまく教育環境について考える。教科書(主に小中学校)を比較検討する。アジアの教科書の比較も行う。他の教育問題を学ぶグループとの情報交換と交流も行う。

登録:2020/03/04 最終更新:2022/03/31
ステータス:本登録
  • Line 80

基本情報

法人種別
任意団体
団体名
子どもと教科書を考える府中の会(こどもときょうかしょをかんがえるふちゅうのかい)
団体の概要
毎月世話人会を持つ。3月~5月、10~12月テーマを決めて連続学習会を開き、市民のみなさんと教科書記述に関わる勉強会を続けている。その学習のまとめを冊子にまとめる。
代表者名
林 博史(はやし ひろふみ)
お問い合わせ用
メールアドレス
電話番号
090-4071-0408
大山宛
FAX
042-327-5347
大山宛
 「基本情報」の詳細を表示する

団体の活動情報

団体の目的
子どもたちが置かれている状況を認識するため、様々な情報交換と交流の場を作る。また、小中学校の教科書内容を比較検討し、情報を公開する。
現在特に力を入れていること
中学校の歴史教科書を比較検討している。他の教科の教科書も勉強したいという声があるので、
今後の活動の方向性・ビジョン
他の教科書(家庭科)内容を勉強したいという声もでているので、広げていこうと思っている。
 「団体の活動情報」の詳細を表示する

活動実績

2018年

4月 5月、6月の学習会について(世話人会/中央文化センター)
5月 小学校道徳教科書について学習会(ルミエール府中)
   →小学校の先生を講師に、市民・保護者を対象に実施
6月 中学校道徳教科書について学習会(中央文化センター)
   →会のメンバーで元中学校の先生にお話しいただいた
7月 世話人会
9月 国立歴史民俗博物館(千葉県)へフィールドワーク
10月~12月 連続学習会 中学校教科書「学び舎」教科書を読む(中央文化センター)
   →市民を対象に、会のメンバーがチューターとなり、レポートを行う。
2月 新学習指導要領について(世話人会/中央文化センター)
3月 2019年のとりくみについて(世話人会/中央文化センター)

2019年

<プラッツ6F会議室を使って>(対象:市民)
6/22 小学校教科書の内容についての学習会
   (新指導要領に基づいて訂された。)
7/27 文科省から発行された「放射線副読本」について学習会
9/8  中学校教科書「学び舎」を読む・連続学習会
10/20          〃
11/17          〃
12/22          〃
1/19          〃
<プラッツ5F団体活動スペース>(世話人)
毎月1回 世話人会(活動について)
毎週1回(水曜日)アジアの教科書(主に韓国・中国)の輪読。

2020年
団体が開催・運営に携わったイベントや講座等の実績

6月に中学校歴史全教科書の比較・検討をする学習会を持った。教科書展示会に行き、公民、道徳、英語の教科書も読みレポートを作成。中学校歴史「『学び舎』の教科書を読む」学習会を継続した。また、日韓関係を考える学習会を開いた。

2020年

一年間の総括
2020年度は、コロナ禍で3月に予定していた学習会は6月まで延期して、行いました。
コロナがいつまで続くのだろう、うちあわせや学習会をもちたいけど、いつになったらできるのだろうとストレスが溜まっていました。
しかし、オンラインで打ち合わせを行い、学習会もリアルで会場に来る、オンラインで参加する、と選択できるようして行ったところ、どういう状況になっても対応できるんだということを学びました。
秋以降、ZOOM学習会(オンライン環境がない方は、プラッツへ)と3回ぐらいもつことができました。
「学び舎歴史教科書を読む」という連続学習会です(プラッツの会議室はWiHi機能があるので可能です)。
今まで、遠くて会場まで足を運ぶことができなかった方、時間の制約があって来られなかった方もZOOMで参加してくださいました。
レジュメや資料も前もって読んでいただき、工夫をすれば豊かな学習会を持つことができるということを学ぶ、いい機会となりました。

2021年
団体が開催・運営に携わったイベントや講座等の実績

1.2021年2~5月まで毎月1回、中学校歴史「『学び舎』教科書を読む会」学習会を行った。プラッツ会議室を使用することで、ZOOMとリアルを併用して行うことができた。
6月には、府中基地跡や戦争遺跡などのフィールドワークを行った。
また、秋以降は、韓国と日本の教科書(近現代記述部分)の比較検討を行い、冊子を作った。

2.実施事業は、どのような社会貢献・地域貢献活動になりましたか
会のメンバーだけでなく、広く市民に学習会を呼びかけ、一緒に中学校教科書を読みあった。
フィールドワークも同様に行い、改めて、府中市の歴史の一旦を学んだ。


年度目標

2022年度

中学校歴史「『学び舎』教科書を読む会」を継続する。特に今年は、沖縄戦の問題を勉強したいと思う。また、中国・韓国・日本の教科書(近現代記述部分)の比較検討も続けて行う。
市民から府中の歴史や戦争遺跡などの聞き取りを行いつつ、フィールドワークなども継続する。

活動団体を探す organization
「プラッツ(ドイツ語で広場の意味)」は、
様々な団体、市民の皆さんが行きかい出会うところ。
皆さんの「やってみたい」や、「何かしてみたい」
「自分の力を役立てたい」を探すお手伝いをします。
活動・イベント情報 マッチング ボランティア募集 活動団体検索 地図で検索