Logo

  1. ホーム
  2. 活動団体
  3. 府中市肢体不自由児者父母の会
活動団体 organization

府中市肢体不自由児者父母の会ふちゅうししたいふじゆうじしゃふぼのかい

・会報を発行し、啓発に努める
・納涼まつり、福祉まつりに参加し、地域住民との交流を図る
・講演会や研修に参加して、研鑽に努める

登録:2020/03/04 最終更新:2022/03/18
ステータス:本登録
  • Line 80

基本情報

法人種別
任意団体
団体名
府中市肢体不自由児者父母の会(ふちゅうししたいふじゆうじしゃふぼのかい)
団体の概要
昭和48年(1973年)”どんなに障害が重くても住み慣れた地域で暮らしていきたい”という親の思いで設立。養護学校(現在は特別支援学校)の設置や学校卒業後の通所施設の建設のために運動。現在は、障害者福祉の充実や障害者の理解啓発に努めている。
代表者名
河井 文(かわい あや)
お問い合わせ用
メールアドレス
電話番号
042-361-3738
FAX
042-361-3738
 「基本情報」の詳細を表示する

団体の活動情報

団体の目的
・障害のある子と親同士の親睦と研修
・障害当事者としてのニーズを行政機関へ要請
・福祉の啓発
 「団体の活動情報」の詳細を表示する

活動実績

2018年

・上記団体の研修大会に参加(東肢連研修大会、関ブロ山梨大会、全肢連北海道大会)
・研修旅行 (10月、池袋サンシャイン水族館)
・納涼まつり(8月)
・福祉まつり(10月)
・会報発行(6月、10月、2月)
・定例役員会 (8月を除く月1回)
・市内の他の障害者団体との連携(府中の障がい福祉を拓く会)

2019年

・上部団体の研修大会に参加
 6月 関東ブロック大会(幕張)
 9月 全国肢体不自由児者父母の会連合会 福島大会
 11月 東京都肢体不自由児者父母の会連合会60周年記念式典
・研修旅行(10月 はとバス研修 東京)
・納涼まつり(8月)
・福祉まつり(10月 中止)
・会報発行(6月 10月 2月)
・定例役員会(8月を除く月1回)
・市内の他の障害者団体との連携「府中の障がい福祉を拓く会」(月1回)

2020年
団体が開催・運営に携わったイベントや講座等の実績

定例役員会の開催(コロナ禍で変則的に)
・7月 9月 10月 11月 12月 通常開催
・6月 1月 書面開催
・2月 部長のみで開催

2020年
行政、企業、他団体等との協働の実績

市内の他の障害者団体との連携
「府中の障がい福祉を拓く会」(月1回)に参加

2020年11月
行政、企業、他団体等との協働の実績

東京都肢体不自由児者父母の会連合会研修大会に参加

2020年11月
団体が開催・運営に携わったイベントや講座等の実績

研修部学習会を開催「災害弱者のいる家庭の防災について」

コロナ禍であったが、感染症予防対策を講じながら定例役員会を開催し、会報は予定通りに発行した。市内の障害者団体と連携したりと、活動を止めないよう努力した一年だった。

2021年
団体が開催・運営に携わったイベントや講座等の実績

・上部団体の研修大会に参加
  9月 全国肢体不自由児者父母の会連合会 全国大会
     関東甲信越肢体不自由児者父母の会連合会 東京大会
・福祉まつり 6月 オンライン参加
・納涼まつり 8月(中止)
・研修部研修会 11月 「災害を考える」
・会報発行 6月 10月 2月
・定例役員会 8月を除く月1回開催(対面・書面)
・市内の他の障害者団体との連携
 「府中の障がい福祉を拓く会」月1回に参加


「どのような地域貢献を行ったか?」
コロナ禍で活動には制限があったが、定例役員会、会報発行は予定通りに行った。
上部団体の研修大会や福祉まつりにはオンラインで参加した。
また、市や社会福祉協議会の委員会や協議会に、会員が委員として参加し障害当事者(家族)としての意見を述べた。

年度目標

2022年度

・父母の会や障害者の理解啓発に努め、一般会員並びに賛助会員の拡大を目指す
・会員各位が地域とのつながりを持てるよう努める
・今の会員のニーズを把握し、今にあった発信方法を検討する

活動団体を探す organization
「プラッツ(ドイツ語で広場の意味)」は、
様々な団体、市民の皆さんが行きかい出会うところ。
皆さんの「やってみたい」や、「何かしてみたい」
「自分の力を役立てたい」を探すお手伝いをします。
活動・イベント情報 マッチング ボランティア募集 活動団体検索 地図で検索