Logo

  1. ホーム
  2. 活動団体
  3. 障がい者
活動団体を探す organization

36件中 1〜20件表示

団体について 週1回、オンラインZOOMで心身を整えるレッスンを行っております。ストレッチを中心にインナーマッスルや呼吸を整えるヨガ、セルフケアに有効なツボ押しなどを行います。
LINE登録をしていただき、レッスンの情報、健康意識を高めるポイントを発信します。
 レッスン 第1・3火曜日 20時~21時
      第2・4水曜日 20時~21時
録画配信もあります。
他、指導者からのワンポイントアドバイス、皆さまからの質問や健康情報のシェアによって、レッスンにでなくても、健康意識と知識が高まるようなグループです。

レッスンに参加した時のみ、1回500円かかり、その他に料金がかかることはありません。ご自分のペースで関われますので、どうぞお気軽にご参加ください。講師は健康運動指導士・鍼灸師として、30年以上の経験があります。

団体について 「ねくすとぐろーあっぷ」という名前で活動しています。

代表は、看護師、ビジョントレーニングインストラクター、読み書き困難・支援講座修了、アンガーマネージメントキッズインストラクター®、不登校訪問支援カウンセラー、ペアレントトレーニングファシリテーター(鳥取式)

発障障害、不登校の児童の保護者の交流会、勉強会、オープンチャットを通して、情報共有をしています。オンラインミーティング(無料)を参加者の多い日に行っています。
団体の登録対象者は、幼稚園〜小学校の知的に遅れのない、グレーゾーン発達障害児の保護者です。現在中学、高校のお子さんをお持ちの保護者の方はいませんが、ご参加することも可能です。
また、講師のご依頼も承っています。また、不登校に関する当事者の有料カウンセリングを代表が受け付けています。ペアレントトレーニングは準備中です。
団体について 府中市内の障害者関連施設(作業所、相談支援事業所、グループホームなど)が集り、情報交換、研修などをしている。また仕事部会(ちゅうNet)では、作業所の自主製品の共同販売や、下請け作業の共同受注など、共同で取り組む活動をしている。
活動分野 障がい者
団体について パーキンソン病患者とその家族が目的達成のため、①医療・福祉関係の勉強会、相談会、リハビリ指導 ②親睦会、レクリエーション活動 ③会報の発行、その他会の発展のために必要な活動を行っています。
団体について 障害について正しく理解していなだくための広報普及啓発活動を目的に市民や支援者を対象にした講演会を開催したり、障害のある方へ余暇活動の充実を目的に料理教室などの企画を行っています。
活動分野 障がい者
団体について ヤングケアラー・若者ケアラーを中心に、交流や勉強会・講座などを通して、社会的な課題に取り組み、つながりや支えあいができるコミュニティづくりを目指しています。
主に、若年性認知症の親や認知症の祖父母、そして、うつ病などの精神疾患のある親や祖父母をケアしている方を対象としています。
2022年2月22日に一般社団法人を設立しました。
6月4日に設立記念フォーラムを開催する予定です。府中市を基点にして活動を展開していきたいと考えています。どうぞよろしくお願いいたします。
団体について 府中市民を対象に、市民・企業・行政が協働し、自然やまちづくりの分野におけるイベント実施などをプロジェクト方式で行っている。
(例)ミズベリング2017~2022、いただきます上映会、府中deボッチャ、みんなで作ろうバリアフリーマップ、スカイナードにおける市民参加の美化活動、府中コミュニティガーデン講座など
団体について 障害を持った方の就労をサポートする福祉サービス「就労移行支援」を運営している事業所です。
団体について 府中市の市民協働推進月間である毎年11月に合わせて、府中で活躍する多くの市民活動団体や自治会、学校、企業、行政が一緒に作りあげ、プラッツを拠点に2日間にわたって開催します。毎年、100団体以上が参加・出展し、2日間で2万人近くがご来場するビッグイベントです。

・市民がまちでの活動に関わるきっかけを見つける
・参加する団体どうしがお互いの活動を知り、交流する
・活動のステップアップや市民協働の輪を広げる
を目的に、毎年実施しております。

参加団体の皆さんは「実行委員会」に参画していただき、一人ひとりの力やスキルを持ち寄り、協力してワクワクするイベントを作っていきましょう!
団体について ■障害者の方が就職に必要なスキルを身に付けられるよう、様々な訓練を通して就労を支援する福祉サービス事業所です。
■うつ病、統合失調症、双極性障害、強迫性障害、広汎性発達障害、自閉症スペクトラム、知的障害、など様々な障害のある方に利用頂ける就労移行支援事業所です。障害者手帳をお持ちでない方もご相談ください
主な活動拠点西府町 活動分野 職業・雇用 障がい者
団体について この法人は、失業、病気、暴力等、様々な理由により生活に困窮する人々の支援を行う。そして、人々に対し、あらゆる媒体を通して貧困に対する理解を深め、支援の方法を共に考え実施していく。これらの活動を通して、人間のみならず、この社会に生きているもの達が力を分け合うことのできる環境を作り、希望の持てる社会を作り続けていくことで、社会に寄与する。
団体について 上記目的のため、定期的に会報を発行し、非定期に講習会、意見交換会を開催するほか
毎年5月に総会を開催します。
活動分野 障がい者
団体について 「市民活動を通じて地域を明るくする」をミッションに掲げている。

東京都府中市を中心に活動をしている市民活動家たちが、今までに実践してきた経験談を包み隠さず提供していく。

これから市民活動を行ってみたい市民や、もっと活動を拡げたいという団体と一緒に学びあい、それぞれが自分たちに出来ることを実践し、地域のお役に立っていくことを目指して活動を行う。

主な活動として、2022年度4月から府中市民活動応援助成金「エール」を採択した団体を講師に招き、毎月オンラインで勉強会を開催し、実践してきた体験談を参加者に伝えていく。

その内容はYouTubeでシェアをすることで、何度でも聞き返すことができ、参加者や視聴者が市民活動を始められる一助となることを期待している。
主な活動拠点府中市 活動分野 保健・医療 高齢者 障がい者 介護 社会教育 まちづくり
団体について 障害のある方が一般就労を目指す就労移行支援施設です。独自開発のeラーニングシステムで就労に必要なスキルトレーニングを行います。精神・発達障害の方の他、知的障害、身体障害、指定難病の方にご利用いただいています。
団体について 地場野菜や国産食材、昔ながらの調味料にこだわった安全安心でバランスの良い手作り弁当・仕出し料理を、正当な労働対価のための利潤を目的としない価格設定で下記の通り提供し、地域の主婦や定年退職者などが働く場を創り出しています。また、ゴミを減らすため、弁当箱・箸・包みは洗って繰り返し使えるものを基本とし、石鹸を用いることで排水系の環境保全にも貢献しています。


1.市内の事業所・学校・個人宅などへの平日お昼の弁当配達

2.見守りにもなる、高齢者・産前産後家庭など幅広いニーズにご利用いただける府中市全域への夕食配食サービス(社協受託(高齢者限定)および独自サービス)

3.心身障害者福祉センターでの昼食提供(受託)

4.その他各種仕出し・オードブル等の特注料理、おせち等の季節料理の製作
団体について より効果的に、子どもから大人まで、創造性を豊かにすることを、音楽などの芸術活用で実現することに主眼を置き、実践的に活動展開をしながら学術的なエビデンスを得ることで社会課題解決の手法を体系化させ、「ひとづくり」「まちづくり」のために文化芸術活用の制度化を、行政や民間に働きかけていく活動をしている。

団体について 〇相談事業毎週月曜日13時~16時
精神障害を原因とする問題を抱えている市民を対象に家族相談員による相談。
〇「いこいの部屋」事業(当事者の対話の場)毎週水曜・土曜13時~16時
「ひきこもり状態にある方」や「心に深い苦しみを抱いている方」が対象。
〇シェルター事業
精神障害等による家庭内暴力などで、家に居られなくなった会員・市民のための一時避難場所
○「話す会」事業(家族の交流の場)毎月第3日曜日14時~16時
毎回4~7人が参加して、困難への対応方法の情報交換
〇学習会活動
毎年数回の専門家を招いての心理、精神科医療などの学習会を開催。
〇社会への働きかけ
精神障害がある方々とその家族のニーズを府中市に伝え、支援を要望する活動や、府中市や地域の関係者の会議に出席して、家族の経験に基づく意見を伝えている。
〇会報発行
会の活動状況等の発信
活動分野 障がい者
団体について 子供からシニアまでを対象(障害の有無に関係なく)に各種イベントの企画運営のほか、地域での体験会や健康運動などを行っています。また、会員の技術向上のための講習会も多数おこなっています。
団体について 研修会の開催
手話に係わる他の団体との交流
その他必要と思われるもの
活動分野 障がい者

検索結果に登録したい団体がない場合は新規団体登録を行ってください。

「プラッツ(ドイツ語で広場の意味)」は、
様々な団体、市民の皆さんが行きかい出会うところ。
皆さんの「やってみたい」や、「何かしてみたい」
「自分の力を役立てたい」を探すお手伝いをします。
活動・イベント情報 マッチング ボランティア募集 活動団体検索 地図で検索