Logo

  1. ホーム
  2. 活動団体
  3. 府中市パーキンソン病友の会
活動団体 organization

府中市パーキンソン病友の会ふちゅうしぱーきんそんびょうとものかい

パーキンソン病患者とその家族が目的達成のため、①医療・福祉関係の勉強会、相談会、リハビリ指導 ②親睦会、レクリエーション活動 ③会報の発行、その他会の発展のために必要な活動を行っています。

登録:2020/03/04 最終更新:2022/03/27
ステータス:本登録
  • Line 80

基本情報

法人種別
任意団体
団体名
府中市パーキンソン病友の会(ふちゅうしぱーきんそんびょうとものかい)
代表者名
田村 智久(たむら ともひさ)
お問い合わせ用
メールアドレス
電話番号
042-360-2521
留守番電話の場合は、録音してください。折り返しご連絡いたします。
FAX
042-360-2521
 「基本情報」の詳細を表示する

団体の活動情報

団体の目的
全国で16万人いると言われているパーキンソン病患者(難病)ですが、地域における、医療、福祉、療養生活の充実、向上を図るための活動を行っています。
団体の活動・業務
毎月第三木曜日に定例会を行っています。薬剤師の方から医療情報の講演会や、情報交換やリハビリ体操を行っています。
現在特に力を入れていること
コロナ禍、予防対策をしながら、顔を合わせて対話話すること、リモート参加もできる体制づくりを進めています。
今後の活動の方向性・ビジョン
この会に参加することで、難病とつきあい方のヒントになったり、元気のもとになり、笑顔でいることができるような活動としたいと思っています。
 「団体の活動情報」の詳細を表示する

活動実績

2018年

当会では、難病でありながらも毎日の生活を充実し、楽しい日々となるよう、患者とその家族による情報交換と交流を図っている。月1回の定例会(患者勉強会、リハビリ体操、歌唱、その他)を開催し、ハイキングや忘年お楽しみ会(落語)も行った。会場はプラッツ6F会議室で行い、アクセスの良さと会場設営のしやすさは患者にとって参加しやすい環境となった。患者勉強会では薬剤情報を直接薬剤師の方より解説していただき、安心・安全につながっている。リハビリ体操では広報誌に案内したことで、新しいメンバーとの交流も図れるようになった。なお、「けやきフェスタ」において団体紹介での案内もできた。

2019年

当会では、難病でありながらも毎日の生活を充実し楽しい日々となるよう、患者とその家族間の情報交換と交流を図っています。
毎月1回の定例会(主に第3木曜日)では、プラッツ会議室において、①患者勉強会②リハビリ体操、歌唱などを開催し、③府中市郷土の森博物館園内の散策(ハイキング)や④芸術劇場分館では忘年お楽しみ会を行いました。

①患者勉強会では、薬剤情報を直接薬剤師の方より説明していただき、薬の最新情報や季節毎の健康管理など、安心、安全につながっています。
②患者の治療の一環として欠かせないのがリハビリであり、特別講師による効果的指導で、体調改善につながっています。

※プラッツ・チラシ配架や市広報誌掲載により、新しいメンバーとの交流が図れるような機会となっています。また、本年度は新しい試みとして「ラジオふちゅう」への出演や、「プラッツWEBサイト」への掲載の機会をいただき、広報活動につながることができました。
なお、各地域では社会福祉協議会主催の「わがまち支え合い協議会」にも参加し、幅広い活動を行っています。
患者自身、難病治療への意欲的に取り組み、生きる意欲へとつながっており、また、医療、介護、福祉従事者の方々と連携で、医療や社会福祉向上につながるための推進と情報のネットワークを強化することができました。

2020年
団体が開催・運営に携わったイベントや講座等の実績

当会では、難病でありながらも毎日の生活を充実し楽しい日々となるよう、患者とその家族による情報交換と交流を図っているが、本年度は、コロナ禍、月1回の定例会(患者勉強会、リハビリ体操、歌唱など)の計画は中止をせざるを得ない状況となった。しかしながら、自粛解除により10月、11月は開催した。患者同士の交流と患者勉強会(コロナウィルス関連の予防情報を薬剤師の方より解説)にて、安心、安全につなげることができた。また、プラッツの皆さまによるLINEの使い方、リモート会議の方法などをご指導いただき、コロナ禍、新しい交流方法に繋げることができた。今年度の新しい試みとして、ZOOMによる医療講演会を都立神経病院・沖山亮一先生にご協力いただき、患者に寄り添う身近な質問にご回答いただき開催した。市広報誌の掲載や、公共施設へのチラシの配架、ポスターの掲示による案内で、一般参加者も含め100名近い参加者となり、新しいメンバーとの交流にも繋げることができた。

2021年
団体が開催・運営に携わったイベントや講座等の実績

1.具体的な実施事業・イベントを教えてください

当会では、難病でありながらも毎日の生活を充実し楽しい日々となるよう、患者とその家族による情報交換と交流を図っています。21年度は、コロナ禍ではありますが、十分な感染予防対策を取りながら、顔を合わせ互いに交流することを重視し、月1回の定例会(患者勉薬剤師の方による講演会、リハビリ体操、歌唱など)は開催し、秋には府中市郷土の森博物館園内を散策し、郷土の歴史を知り、秋の花々・ヒガンバナやハギの花を鑑賞しました。12月は音楽室にてギター伴奏による歌唱やクイズなどをして楽しみました。(蔓延防止期間1月、2月は中止 本年度の新たな取り組みでは、府中産のブルーベリーを使ったジャム作りをジャムマスターの指導によって、体験することができました。


2.実施事業は、どのような社会貢献・地域貢献活動になりましたか

パーキンソン病患者とその家族が、毎日が豊かで穏やかな生活ができるような手助けとなる活動を行い、情報提供、交流の場となり、新たな市内の同患者とその家族の方の参加されました。また、リモート参加できるよう対応し、各種オンライン講演会の案内により多くの情報提供を図ることができました。



入会・参加情報

対象者
パーキンソン病の方とその家族、その他
入会金の有無
あり
会費の有無
あり
入会金・会費
詳細
正会員 入会金:500円  年会費:2,500円
家族会員 入会金:無し  年会費:500円
入会方法
電話、メール

年度目標

2022年度

パーキンソン病患者とその家族が、毎日が豊かで穏やかな生活ができるような手助けとなる活動とします。また市内の同患者とその家族の方へも当会の存在を浸透させ、良き情報交流の場としてもらえるような活動とします。また、リモート参加できるような仕組みづくりの強化を図ってまいります。

イベント情報 event
 過去のイベント
活動団体を探す organization
「プラッツ(ドイツ語で広場の意味)」は、
様々な団体、市民の皆さんが行きかい出会うところ。
皆さんの「やってみたい」や、「何かしてみたい」
「自分の力を役立てたい」を探すお手伝いをします。
活動・イベント情報 マッチング ボランティア募集 活動団体検索 地図で検索